砺波市ボランティアセンターV情報

砺波市ボランティアセンター発のボランティア募集等の情報をお届けします!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
 
 10月18日(土)に開催して『アクティブシニア地域デビュー講座』。
 その講座で体験活動受入先としてご協力いたたいた『雑木囃子』さんでの講座参加者の体験活動に、私も一緒にお邪魔してきました。
 当日は曇り空で、ちょっと肌寒い日となりましたが、講座に参加しておられたHさんは二人のお孫さんと、お友だちのMさん(こちらも講座参加者さんです)と一緒に準備万端、やる気満々!
 今回の活動に参加されたのは体験者のHさんたち4名と、雑木囃子さんから4名、そして私の合計9名。地域の行事と重なっていたため小勢での活動となりましたが、和気あいあいと、楽しい一時を過ごしていらっしゃいました。
zoukibzyashi01 最初は各自、自己紹介から。Hさんのお孫さんは二人とも、ちょっと(とっても)照れながら、ぽそぽそ……っと名前を言ってくれてました。そして世話役の鶴巻さんから雑木囃子さんの会の成り立ちや活動内容を紹介してもらってから、いざ「雑木囃子の森」へと出発!
zoukibzyashi02 歩きやすいように整備された道を上ったり下ったりしながら、「この木の新芽は天ぷらにしたらおいしいよ」とか、「この木は昔から、爪楊枝がわりに使われていた木で、とてもいい香りがするんだよ」とか、いろいろなことを教えてもらいながらの散策。何度も「へぇ~っ」という声が飛び交っていました。
zoukibzyashi03 そして、到着した「きのこゾーン」。
 会員のみなさんで植樹ならぬ植菌されたきのこが、あちらこちらで顔を出していました。それらのきのこを「これは食べれる?」「これはどういうきのこ?」と、みんなとたんにハンターになって収穫に勤しんでいました(笑)。実は、前回の活動日にも植菌をされたそうで、「来年になったらいっぱい出るぞ」とのこと。楽しみですね♪
 ひととおり、雑木囃子の森をまわったら、なにやらいい匂いが……。
 実は、会員の方が特製のきのこ鍋を作ってくださっていたのです!
zoukibzyashi04 鍋ができるまでは、ごらんのとおり。
 恥ずかしくってもじもじしていたちびっ子たちも、元気に木登り。この写真の、ちびっ子の横を一緒に上っているのはなんと! Hさんです!(てっぺんにいるのは会員のTさん。)「ばーちゃんも負けとられん!」と、張り切っていらっしゃいました。
zoukibzyashi05 そうこうしているうちに、お鍋も完成。
 みなさんがそれぞれ持ち寄ったおにぎりやおかずをつついたのですが……空気のきれいな山の中で、みんなと一緒に食べるご飯は、本当に御馳走という感じでした。私もご相伴にあずかったのですが、一言。
「美味しゅうございました<(_ _)>」
 (Tさんが、この日の午後から地区の文化祭に出演するために持参していたバルーンをわけてもらって、お礼としてネコとプードルを作ってきました。)

 アクティブシニア地域デビュー講座の参加者さんの中には、前回の活動に参加された方もありましたし、「今回は行けないけど、この次は必ず行きます!」と意気込んでいらっしゃる方も……。
 「自分でみつけた楽しみは継続できる」が雑木囃子さんのモットーですが、体験活動として参加されたみなさん、しっかりと自分なりの楽しさを見つけられたのではないでしょうか。自分自身も楽しみながら、それでいてまわりのためにもなる「なにか」ができるようになれば、それってすごく素敵なことですよね。 
体験活動はこれからもまだ続きますが、講座受講者のみなさんの中で、「これが楽しかった」と思えるものが一つでも多くなればいいなと願っています。

コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。