FC2ブログ

砺波市ボランティアセンターV情報

砺波市ボランティアセンター発のボランティア募集等の情報をお届けします!

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
 
 「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開し、より活発に活動の幅を広げようとしているグループを応援し、活動支援金やリサイクルパソコンの贈呈などをとおしてその活動を支えています。
 今回は、第20回を記念し、リサイクルパソコンを100台贈呈されます。

 詳しくは追記をお読みください。
◆主催◆
 社会福祉法人 NHK厚生文化事業団

◆助成部門◆
第1部門 支援金贈呈の部(1グループにつき、上限70万円)
 地域で活発な福祉活動をすすめており、この支援金で、より活動の幅を広げていこうというグループ。ただし、行政や他財団等からの助成を「わかば基金」の申請と同じ内容で受けている場合や、法人格を持っている(NPO法人は申請可)場合、グループの運営のための事務経費などは対象となりません。
 例)
  ・地域で暮らす高齢者や障害者の日常生活を支援したり、さまざまなサービスを提供している。
  ・障害者の社会参加や就労の場づくりを促進したり、その活動の支援にあたっている。
  ・文化・芸術活動を通じて、障害や年齢をこえた交流や相互理解を図っている。

第2部門 リサイクルパソコンの部(1グループにつき、3台まで)
 パソコンを利用して、すでに地域で活発な福祉活動に取り組み、台数を増やすことで、より高齢者や障害者に役立つ活動の充実を図れるグループを対象とします。ただし、法人格を持っている(NPO法人は申請可)場合や、使用目的がグループの事務処理である場合は対象となりません。
 例)
  ・障害者の社会参加や就労の場づくりを促進したり、その活動の支援にあたっている。
  ・字幕製作や朗読活動、要約筆記などの文化活動を通じて、障害や年齢をこえた交流や相互理解を図っている。
  ・福祉情報の提供やネットワークづくりをとおして、地域の福祉活動の向上につとめている。

 ※注意
  ・パソコンの機種は選べません。
  ・搭載するソフトはウィンドウズXP、およびワード、エクセルとなります。
  ・パソコンはリサイクルしたものとなります。

◆申し込み方法◆
  ・申請書に必要事項を記入のうえ、NHK厚生文化事業団東京本部または各支局(近畿・中部・九州)へ、郵送でお申し込みください。
  ・第1部門(支援金)、第2部門(リサイクルパソコン)のどちらかを選んでご記入ください。
  ・第1部門については、必ず見積書を添付してください。

◆〆切り◆
 平成20年5月23日(金)必着

◆発表◆
 平成20年8月下旬に、申請されたグループに対して文書で結果を通知されます。


 その他、詳細については下記までお問い合わせください。

 ◆社会福祉法人 NHK厚生文化事業団
  東京都渋谷区神南1-4-1(TEL03-3476-5955)
  ホームページ→NHK厚生文化事業団

または
 ◆砺波市ボランティアセンター(TEL32-0294)
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。